トップページ > 新着情報
2018/Dec  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 22
2018年7月までの 実績 以下にまとめました22
*公開の許可を頂いたグラフィックのみ掲載しています*

これまでの実績(1〜21)一覧はこちらから(↓)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=5

■――――――――――――――――――2018/07
■主催:国立研究開発法人 産業技術総合研究所(略して産総研)さま
■「構想設計」革新イニシアティブ 第二回 シンポジウム
■〜組織の壁を超えて協業を加速するために〜
■〜本当の問題を見つけ解決のヒントを考え一緒に前へ進みませんか〜


主催者は、立場や専門、価値基準の異なるメンバーの連携・協業を加速させる「構想設計の手法と道具」を研究開発する産総研のチームです。

開催主旨
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=452

当日は彼らが開発した道具『デザインプレインマッピング(DBM)』や
『イメージシャワー』のデモもありました。その一部(考え方や使い方)を
ワールドカフェダイアログ×GFを使って疑似体験して頂く仕掛けでした。

当日の様子&全絵巻物15枚
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=453
付箋投結果&ウラ話
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=454

以下は、シンポジウムで描けた絵巻物を借りて
多くの会議でもよく起きる絵筆の不具合をまとめてみました。
(絵筆が迷った、うまく描けない、つながらない、こんな絵が描けてしまった…)

そんな絵筆の不具合が、
「本当に大事な話」「本質的な議論」「みんなが1つになれる」ヒントになりますように。

■【絵筆が教えてくれたこと】

❶未来発想、未来行動を止めている、
こんなに大きくて重たい「モヤモヤ」を軽視していませんか

http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=455

❷ボスザルの目にも「ナミダ」が描けた
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=456

❸昭和な絵〜(≧▽≦)!!!勝ちたい、儲けたい、リソース、上流下流…
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=457
(上目線な絵は、未来を語り合うときにコレはちょっと時代遅れな会話かも?)

❹「価値」 「価値」かち、カチ、カチカチ山しか描けなかった。
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=458
(お客さまが描けない会話は、社会貢献どころか、自社に利益も生まないのでは?)

❺「足し算」ではなく「掛け算」で発想する、、、て?
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=463
聴き馴染みのある言葉だけど絵にうまく描けないときは、聴いている人たちもきっとムナシイ
実績一覧 : comments (x) : trackback (x)
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 21
2018年4月までの 実績 以下にまとめました20
*公開の許可を頂いたグラフィックのみ掲載しています*

これまでの実績(1〜20)一覧はこちらから(↓)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=5

■――――――――――――――――――2018/04
■仕事旅行社さま主催 個人「旅行」開催
■『グラフィックファシリテーターになる旅』
■〜グラフィックファシリテーター(R)から学ぶ
■「絵空事で終わらせない」話し合いを創り出す方法〜


ツアー参加者募集要綱↓ 
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=450
昨年に引き続き今年も4時間ツアー10名御一行様 催行しました。
当日の様子&参加者コメント↓
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=451
悩みは会社を超えて業界を超えて共通モヤモヤでした。

■ 未来を描く ―――――――――――2018/02
「シェアリング」時代到来。「モノを持たない」当たり前になったら
こんな「愛犬ロボット」をみんなが飼いだすかも!
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=449

■商標登録『グラフィックファシリテーター』更新完了 ―――2017/10
次の10年は何しよう(^^)?!
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=447
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=448

■――――――――――――――――――2017/07
■日本能率協会さま主催「絵で解く」マーケティングセミナー2日間 
■『グラフィックファシリテーター(R)に学ぶ
■ ビジネスの問題を「絵で解く」ファシリテーション体験ワークショップ』
■「第三の目」=「グラフィック」が、会議を変える。議論を変える。


開催概要
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=443
当日の様子&参加者コメント
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=445

参加者の皆さんに持ち込んで頂いた各社個別の問題も、全員で全員の
裏設計3枚シート」の赤字添削を共有することで、本当の問題や
新しい打ち手が見えてくる[ネガポジ]体験をして頂きました(^^)

■――――――――――――――――――2016/12
■WEBで視聴できるようになりました。
■日本能率協会さま オンラインセミナー
■『グラフィックファシリテーション入門セミナー』(2時間)


〜本質をあぶり出し、絵空事に終わらせない未来を描く〜
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=435
左脳的な議論や思考に行き詰まりを感じる場面に、第三の手法

■――――――――――――――――――2017/06
■ 仕事旅行社さま主催 個人「旅行」開催 
■『グラフィックファシリテーターになる旅』
■〜グラフィックファシリテーター(R)から学ぶ。
■ ビジネスの問題を絵心から解決する方法〜


↓ ツアー参加者募集 詳細:6月の土曜日に10名様御一行
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=442
↓ ツアコンしました☆当日の様子&参加者コメントはこちら
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=444
実績一覧 : comments (x) : trackback (x)
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 20
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 20

2017年4月までの 実績 以下にまとめました19
*公開の許可を頂いたグラフィックのみ掲載しています*

これまでの実績(1〜19)一覧はこちらから(↓)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=5

■――――――――――――――――――2016/12
■東京メトロで将棋倒しに遭って入院してました 
■入院絵日記。
 ご笑覧ください,,,ふう〜
http://yunibow.ldblog.jp/archives/cat_50049096.html

■――――――――――――――――――2017/03
■松葉杖ついてトークイベント
■Yahoo!コワーキングスペース「LODGE」
■議論の可視化にできることvol.2 学びから実践へのステップとは


イベント概要
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=436
当日の様子
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=437

退院して初めての東京地下鉄。どうしても一人で乗る勇気が持てず…
この日は先輩に自宅から紀尾井町まで往復付き添ってもらいました。

■――――――――――――――――――2017/03
■最高の誕生日祝い!誕生日に片松葉でGF復帰

片松葉で8時間、描けた幸せより、描かせてもらえた機会に感涙。
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=440

■――――――――――――――――――2017/02
■入院中に仕上げた熊本県東陽町の『未来図』

仕事ができる嬉しさでベッドの上で小躍りしてました。
(足がまだ地面につけなかったので踊れなかったど!)

2016年12月に熊本県立大学さま&電通さまとお手伝いした
熊本県東陽町 地域ブランディングワークショップ
『熊本・東陽(とうよう)売り込み隊 作戦会議』


☆「絵巻物ふりかえり&絵解きレポート」をまとめました
☆『未来図』描きました。題して
☆『いろんなワンダー(不思議や驚き)をハンティングできる町 東陽』
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=439

苔ハン(苔を採る=苔ハンティング)、ホタハン(ホタルをハンティング)、
星ハン、月ハン、栗ハン、東陽のスゴいじいちゃんハンティング、
東陽の世話付きなばあちゃんハンティング、などなど、
「いろんなワンダーがきら星のようにある町 東陽町」です。

■熊本東陽から「お見舞い送るけんね〜」
■「でこぽん」が届きました ―――2017/0

絵空事に終わらせない「デコ、ボコ、がいいチームをつくる」
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=441

■――――――――――――――――――2016/10
■ 熊本・大津町 主催
■ 復興計画の策定に向けて 熊本地震から半年
■「創造的復興を考える」フューチャーセッション


参加者は町内・外から、下は小学生〜上は80歳まで
地元の高校生も多数参加して100人近くが集まりました。
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=432

全絵巻物:pdfファイルで見られます
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=434

「町民3万4000人」のために不眠不休で働いてくれた「職員200人」
という「人数」の違いを知った町民のみなさんから描けてきた未来は
役場任せではなく「1人一役」「一人一人がリーダーになる」という姿。


「一人一役」「僕は物資を分けるモン」「私は炊き出しするモン」
「みんな友だち」「みんな家族」「みんな同じ人間だモン!」と
「普段から」一人一人が「挨拶」「ゴミ出し」「掃除」
「役場と呼ばず今度から(今日知り合った)尾之上さんと声をかける」
「お隣さんの扉を叩く」「生きる力を磨くために毎月大津でBBQ」
といったアイデアも飛び出しました。

■――――――――――――――――――2016/08
■株式会社インテージさま 主催 
■関東学生マーケティング大会 産学共同プロジェクト


「チャレンジプログラム2016 」の一貫で、大学生と社会人が
肩を並べて「広告を受けとる一生活者」として語り合いました。

「2020年 生活者にとって『幸せな』広告ってなんだろう?」
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=438

わたしたちはITの進化と共に広告にあやつられていくのかも?!
人間が思考停止になってターゲティング広告に追い込まれる世界…
「広告コミュニケーション」が犯している罪…から見えたありたい姿
最悪な未来の反転にこそ、心から望む未来が描けてきます。
実績一覧 : comments (x) : trackback (x)
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 19
2016年10月までの 実績 以下にまとめました19
*このサイト上でグラフィック公開の許可を頂いたもののみ掲載しています*

これまでの実績(1〜18)一覧はこちらから(↓)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=5

■日本能率協会さま主催セミナー(マーケティングコース)ー2016/09
左脳的な議論や思考に行き詰まりを感じる場面に、第三の手法
■『グラフィックファシリテーション入門セミナー』(2時間)
〜本質をあぶり出し、絵空事に終わらせない未来を描く〜

 ↓ 開催概要
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=425
当初20人の定員を超え急きょ会場変更。44名の方にご参加頂きました。キャンセル待ちしてくださっていた皆様、お会いできず申し訳ありませんでした。
 ↓ 当日の様子はこちら
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=427
熱心にご参加いただき本当にありがとうございました(^.^)

■ヤフーにて登壇会「議論の可視化にできること」ー2016/07
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=423
会議で絵を描く実践者5人で語り合いました

■絵筆でお手伝いしたライオンさま『ナノックス』開発秘話ー2016/07
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=421
『デザイン思考のつくり方』(日経BP社)に載っているそうです♪

■instagram始めましたー2016/07
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=422

■GFを英語で語るとこうなる(^.^)インタビュー記事in Englishー2016/05
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=424
この仕事との出会いは、今思うと、屋久島から始まっていました。

■GFができること【GF概要資料.pdf】新年度で更新しました。ー2016/05
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=420
実績一覧 : comments (0) : trackback (x)
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 18
2016年04月までの 実績 以下にまとめました18
*このサイト上でグラフィック公開の許可を頂いたもののみ掲載しています*

これまでの実績(1〜17)一覧はこちらから(↓)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=5

★地方創生in熊本:最悪な未来を「本気で憂う」時間を共有した地域は強い

熊本県立大学COC+(知の拠点)事業が取り組む地方創生
第1弾:大津町 第2弾:東陽町 第3弾:五木村。

❶熊本地震:もし大津町が昨年「地方創生」に取り組んでいなかったら−2016/04
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=419
「地方創生」に取り組む地域が得られる「本当の価値」を熊本地震から再確認

❷人口約2300人の東陽町(とうようまち)でのフューチャーセッション−2016/02
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=409
東陽町に描けた【ナミダ】は「心理的孤島感」でした。生姜の町なのに「しょうがない…」というアキラメ感が町全体を覆っていました。究極のネガ「東陽町が向き合うべき本当の問題」から、本当のポジ「東陽の町民が心から望むありたい未来」が描けています。

[熊本・東陽町いどばた会議]絵巻物レポート.pdf

http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=416
熊本県立大学や、各役場にご提出したグラフィック報告書です。ダウンロードできます。

❸人口1000人を切る日も目の前の五木村でのフューチャーセッション−2016/03
じぶんたちの最悪な未来と本気で向き合ったとき「村民全員総活躍」が見えてきました。

[熊本・五木村フューチャーセッション]絵巻物レポート.pdf−2016/03
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=417
熊本県立大学や、各役場にご提出したグラフィック報告書です。ダウンロードできます。

■「本物の絵巻物になりました♪」が続々と届きました(^.^)−2016/03
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=412
本気の仲間を増やすとための絵巻物。すべてはその話し合いを絵空事で終わらせないため!
実績一覧 : comments (0) : trackback (x)
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 17
2016年10月までの 実績 以下にまとめました17
*このサイト上でグラフィック公開の許可を頂いたもののみ掲載しています*

これまでの実績(1〜16)一覧はこちらから(↓)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=5

■2016今年よく描く絵【AI暴走】ー2016/10
世界も感じている「このままでいいのか」というモヤモヤ
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=428
「豊かな未来社会とは」というお題では、AI依存の未来ばかり描く昨今。「人間らしく生きられる社会とは」というお題に変えてみてはと提案しています。

■日本初上陸「TechShop Tokyo」by富士通さま@六本木アークヒルズー2016/04
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=418
行ってきました!多くを語らない機械・工具たち。ただ「在る」だけで、創作意欲、刺激されます。そこに居る人たちのテンションを上げてくる。これぞまさに場の力。

■こんな「トーキングオブジェクト」いかが?ー2016/03
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=411
会議で「しゃべり過ぎな人」を止めるアイデア

■地方創生アイデア☆だれでも宣伝部長にしちゃう技ー2016/03
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=408
絵筆でお手伝いした「富山県 長期ビジョン懇話会 青年部会」から、立山連邦が彫られたイチョウの名札とその後の進捗状況が届きました。一人一人に芽生えた「富山県民として」というDNAが熱いハートに描けた会でした。
実績一覧 : comments (0) : trackback (x)
これまでの ☆実績☆ 以下にまとめました 16
2015年11月までの 実績 以下にまとめました16(2016年1月27日現在)*このサイト上でグラフィック公開の許可を頂いたもののみ掲載しています*

これまでの実績(1〜15)一覧はこちらから(↓)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=5

↓共通するのは「社会の困り事に挑戦」&「やわらか発想」

■ 2015/11ーーーーーー
■ 理系高校生たちもワクワク!研究も未来発想
主催:JST革新的研究開発推進室さま

サイエンスアゴラ2015@日本科学未来館にて
内閣府が推進する「ImPACT革新的研究開発推進プログラム」

高校生×大学生×研究者×企業人が体験しました。

公開ワークショップ↓当日の様子はこちら
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=402
社会の困り事に挑戦〜高校生のやわらか発想に脱帽でした♪

開催要項:「ImPACT」とは?
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=389
産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目ざすハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発プログラムです。

■ 2015/07ーーーーーー
■ 大手企業が今なぜFC機能に投資するのか。
「改めて自社にとって本当に意味のあるFuture Centerを本気で考える」〜生活者視点&人間中心&未来志向のイノベーションとは何かを体験〜


紺野登先生主宰「Future Center Alliance of Japan(FCAJ)」にて、企業や官公庁でFuture Centerに取り組むの会員のみなさまと上記テーマでワークショップ開催しました。一主催者として設計からお手伝いしてこの場に込めた思いは以下にまとめてアップしています。

FC初めの一歩を踏み出すためには他人の失敗から学ぼう!
「未来対話FutureCenter〈反面〉教科書」

http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=404
うまくいかないFCの共通点:設計でコレだけはやっちゃダメ[32]

■ 2015/06ーーーーーー
■ 大手企業が投資する「共創の場」
株式会社ベネッセコーポレーションさま(多摩オフィス1階)
緑に囲まれた「ココラボ COCOLLABO」

http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=374
多様な出会いとオープンな対話が新しい価値を生む「SECIモデル(知識創造理論)や脳科学(色や音の効果)など科学的知見をベースに」考えられた出会いと対話を自然に生み出す、心地よい空間でした〜♪
実績一覧 : comments (0) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28
古い記事へ移動