トップページ > 新着情報
2018/Nov  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
「移住」施策が「移重」と「移獣」に描けてきた!にわか「移住バブル」の昨今、どの地方でも描けてくるかも…
富山県の移住施策担当者のみなさんと
「移住者の気持ちになって」
今後の新たな移住促進を考えるワークショップ。移住検討者のモヤモヤを探るその前に、
移住施策の実行力を高めるためにも

各市町村の担当者や
東京・大阪で移住相談を受ける担当者の
みなさん自身の日頃抱えるモヤモヤを
吐き出してもらいました。そこで描けてきたのが2つの移住モヤモヤです。

1つは担当者にのしかかる重たい「移重」。移住フェアで一生懸命呼び込みして
いいところをアピールするものの
じつはみなさんとっても疲れている。

これって富山県に限ったことではなさそうです。

第一回では、実際に移住された方たちに
話を聞く時間を設けたのですが

昔は「移住なんて言葉は無かった」。
「優遇措置で人を呼ぼうとする
 移住バブルが起きている」という話から

わたしたちが無意識に「移住」という言葉を使って
思考停止になっていることが見えてきました。

「移住」と言わず、何かもっと
軽い表現ないかしらん。。。

もう1つの移住モヤモヤは、
移住者の
「いつまで私たちは移住者と呼ばれるの?」
という言葉から描けた、

地域の人たちが移住してきた人の間に柵を立てて
「移獣者」という札を貼っているという絵。

これもまた、とってもさみしい絵です。
でも何に苦しんできたかがハッキリ見えたら
次はポジ!「どうしたら移住してもらえるか」という話に終始しがちですが
移住してくる人と地域の人の気持ちをつなぐのも
移住担当者の大事な役割なんですね。

「お互いが幸せになれる移住とは?」
をみんなで悩み続けることが
本当に「くらしたい国」を考えることになり、
結果、移住したくなる国になっていくのだと思いました。
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28