トップページ > 新着情報
2020/Nov  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
12期目に入りました。11月11日(いいねいいね)株式会社ユニファイナアレ Unify(1つに)なあれ。
11年前の2009年11月11日
「いいねーいいねー」の日を選んで法人化したとき

いつも絵筆を動かしながら念じている
「Unify(1つに)なあれ」
という思いを込めて、社名を
株式会社ユニファイナアレと決めました。


(バイデンさんの先日のスピーチに「Unify」という言葉があってちょっと嬉しかった…)

「Unify(1つに)なあれ」
そのためにも
ネガ最高でしょ?でしょ?でしょ!!

…と、11年前から言ってることが同じすぎて
本当に変わり映えしないけど…。それどころか

オンラインの状況が増え環境が変化して
この想いはますます強くなっています。最近も30人近いメンバー全員がオンライン参加
というワークショップが立て続けに2回あったのですが

どちらも、司会進行をしてくれる事務局と
私だけが本社会議室からオンライン参加という状況。

そして共通して事務局が心配していたのは

「メンバーが大人しい」
「全員一斉に顔をオンにした状態では発言しないかも」
「論理的な議論が得意な人たちだから…」
「チャットなら得意だと思うけど…」
「匿名でなければ本音は言えないかも…」

どちらも議題が、組織のナイーブな問題
(モヤモヤ、イライラ、ギスギス…)と向き合う場で

ゆにGFで「ネガを吐き出してね♪」を変わらず
無理強いするので、そりゃ心配になりますね。でも、やっぱり終わってみれば、毎回思うのは

どこが喋らない人達なんですか〜(*´▽`*)
めっちゃ本音で語ってくれるじゃないですかー!

これはオンラインになっても変わらない。

ただ、オンラインの現場では
想定外の嬉しい変化が2つ起きています。
今日という日にメモしておきたい。※上の写真のピンクの付箋は、PCとスマホの合計6台に貼られたグループ番号。ブレイクアウトルームに分かれた全グループの会話を聞きたいという私のために、事務局が機器を手配し各グループの番号をふってくれました。

1つは、各自が絵巻物を
手元でじっくり見られるようになったためか

皆さんの感じ方、受け止め方、絵の読み解き方が、なんだか
いつもより、琴線に触れている度合いが、深い…かも。

お互いリモートで離れ離れでいるせいかもしれません。

日頃言えなかった苛立ちや辛さ
自分でも気づいていなかった寂しさや悲しさを
受け取ってもらえた嬉しさとか
共感できた幸せをとても素直な言葉で語ってくれて

お互いの響き合いがこっちにまで伝わってくるようで
毎回、事務局も私もナミダが出そうになります。

終わった後には、安堵と共に温かい気持ちに包まれて
事務局チームと抱き合いたくなほどの高揚感。

実際に全身ポカポカしてくるという変化まで起きてきて
(と書いてもよく分かりませんよねースミマセン、自分のために備忘録…)

とにかくいつも以上にネガから生まれる
ポジティブパワーを全身で浴びています。

そしてもう1つ、最大の変化がチャット機能〜〜〜!!!

「全員で発言対話しながらチャットも歓迎」という合わせ技で
おかげで、描く量が倍以上に増えました。
正直、呼吸する暇もなく、、、死にそうです!!!←嬉しい悲鳴…

チャットこそ絵に描きたくて(無駄な発言は1つもないから)
事務局の人に読み上げてもらってるのですが

チャットを読み上げながら、事務局の彼ら彼女たちが
またすっごく素敵な合いの手を入れてくれるんです。

「『もっとみんなに相談したい』そうだよねーそうだよねー」とか。
「それが出来たら、さらにどんな良いこと起きそう?『自然とミスが減る』うんうん、そうだね〜」とか。
「わ、◎◎さん、コメントありがとうございます『みんなで幸せになりたい』私もそうです!」などなど。

合いの手を入れることは
事前の打合せでは決めていませんでした。

どちらかといえば、チャットですら発言をためらう人たちなので
「読み上げられたくない人はダイレクトメッセージで送るルートも用意しておこう」とか
安全な場づくりに思考をめぐらせることで精いっぱいでした。

でも、だからこそ、事務局も嬉しくなっちゃったんですね。
みんなから反応をもらえて。しかもチャットって本当に素直に心の声を送ってくれるから。
そしてそんな嬉しそうに反応されたらチャットを書き込む人たちもさらに書きたくなりますよね。

チャットが特に効いたのは
ポジ=未来の発想を広げるところ。
ものすご〜〜〜〜く機能しました。

普段のオフラインではグループワークでも停滞しがちなところですが
全員で、しかも短時間で、ワクワクする未来が飛び出して来て
これぞまさに「共創」「みんなで描いた」未来が描けて、
想定以上の出来栄えにわたしも正直ビックリしました。

「すごいスピードでアイデアが出てきましたね!」
と事務局もコーフン気味なのは良いのですが、、、

まじで終わった後、私の右腕と右手はケイレンしてました。
もっと場数を踏んで早く慣れたいです。

2020年11月11日の本日、弊社
株式会社ユニファイナアレは設立して満11年。


新しい可能性を模索しながらも、これからも変わらず

「Unify(1つに)なあれ」をカタチにするために
「ネガ最高でしょ?でしょ?でしょ!!」

と言い続けていきたいと思います。

シーーーンと黙ってしまう組織でも
ギスギスしている関係でも
モヤモヤしている議論でも
フワフワ迷走しているプロジェクトでも

ネガネガドロドロ、喜んで♪

絵筆で思いっきりくすぐって

明るく楽しくネガからポジへ

泣いて笑って他責から自責へ。

絵巻物でご支援したいです。

12期目もどうぞよろしくお願い致します。
会社概要 : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28