トップページ > 新着情報
2019/May  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
この冬休みの推薦図書(^0^)/
冬休みの推薦図書を1つご紹介♪「ビジネスのためのデザイン思考」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492521909/ref=pd_lpo_k2_dp_sr_2?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=4532313864&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0FSSP3476DV1SGQMACQW
ビジネスのためのデザイン思考って何でしょうね?!
と思った方にはぜひお薦めの1冊。今、実際のビジネスの現場で取り入れられている
デザイン思考の最新情報がもりだくさんです。わたしもちらりと載っていました。
そんなご縁でご紹介している経緯はありますが、
ただそれ以上にとにかくお薦めしたいのはですね、
これを書いた紺野先生! すごいファシリをされる方なのです。

わたしは、仕事柄、いろーんなプロジェクトリーダーや
議論や会議をまとめて推進していくファシリテーターという立場の方と
タッグを組んで仕事をしていますが

その中でもこの紺野先生のファシリはとにかく「すごい」です!
いろんな分野の権威やプロフェッショナルを多数集めて議論をさせる。
まずそれだけのヒトたちを一同に集めてしまう人脈がすごいのですが

そんな一筋ならではいかないヒトたちに、未来に向かって思う存分惜しげも無く
知恵を絞り出させてしまう。そしてあえて収集着かなくなるぐらいの
発散状態の議論を引き起こしてしまうのですが…

あるとき突然トルネードのように1つの方向に融合させてしまうんです。

ただそのときの紺野先生の様子は、終始ニコニコ平和な笑顔で見守っている。
ふつうのヒトならどうまとめていいのか混乱すると思のですが平穏な空気が場を包みます。

紺野先生のファシリのときは、とにかくわたしも絵筆を目にも留まらぬ速さで動かさないと
ついていけないぐらいなのですが、そういうときに描ける絵には新しい未来へのヒラメキが
無数に描けていて個人的にもとても心に残ります。

あるヒトは紺野先生を「フィクサー」と呼んでいました。しかり!
ということで、紺野先生の本なら読んでおかなくちゃ!という超個人的な推薦理由。

ただ文字を読むのが苦手なわたしは、まだまだページあたまで止まってまーす。
先生ごめんなさい。年明けまでには読んでおきます(;^^
メディア掲載 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28