トップページ > 新着情報
2018/Nov  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
アイデアソンはプロセス全部に意味がある!「IoTが拓く北九州のまちとくらしの未来」九工大×NICT×FAIS 実施報告 & ハッカソン参加者募集
先日絵筆で北九州でお手伝いしたアイデアソン。
「IoTが拓く北九州のまちとくらしの未来」
日時:2018年10月14日(日) 10:00〜18:00
場所:九工大 戸畑キャンパス 「MILAiS」開催の様子がアップされました(^^)
よかったらご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  
アイデアソン「IoTが拓く北九州のまちとくらしの未来」を開催しました
http://www.kyutech.ac.jp/whats-new/topics/entry-5889.html
※国立大学法人 九州工業大学(九工大)サイト共催・運営
国立大学法人 九州工業大学(九工大
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)
公益財団法人 北九州産業学術推進機構(FAIS開催概要
https://www.ksrp.or.jp/fais/news/archives/2018/09-003965.html
※公益財団法人 北九州産業学術推進機構(FAIS)サイト

アイデアソンの成果もふまえつつ、
具値的なプロトタイプ作り:ハッカソンへと続きます。

アイデアソンに参加いただけなかった方、ハッカソン初心者も大歓迎です。
募集要項・申し込みはこちら↓参加費無料
https://www.ksrp.or.jp/fais/news/archives/2018/10-004010.html

※ハッカソンとはhack(ハック)+marathon(マラソン)を掛け合わせた造語で、集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行うイベントです。さて、ハッカソンの前哨戦?アイデアソンのこの日。
約30名の学生や社会人の方が集まりました。

アイデアソンの絵巻物は上記からダウンロードできます。
https://www.ksrp.or.jp/fais/news/2cbc42e174ce8a958d214f230f8e7752.pdf
※ハッカソン終了までの限定公開だそうです。

※ちなみに、さりげなく絵巻物の右下に「絵巻物を見上げる少年とパンダ」がいます(#^.^#)探してみてください。担当の方が分かりやすいキャプションとあわせて入れてくれたようでこういう遊び心が大事ですよね

アイデアソンテーマは
「街の魅力を探し出し、誰も見たこともない、聞いたこともない、
 市民も来訪者も楽しめる体験をICTで考える」午前中は、北九州市の歴史を語る上では欠かせない
八幡東田地区のまちづくりに関するインプットセミナー。

午後からは、参加者のみなさんが6チームに分かれ
ファシリテーター村上純志さんに導かれ
個性的なアイデアを繋ぎ、未来の街を盛り上げる魅力的な体験を考え、発表し合いました。アイデアソンを絵筆でお手伝いしていていつも思うのは

ついつい最後の成果で一喜一憂しがちですが
ハッカソンと違って、アイデアソンはゴールよりも

そこに至るまでの過程で描けた
みなさんの気づきやアイデアこそ、
磨けばダイヤになりそうな絵がいくつもあって

アイデアソンはプロセス全部に意味がある

と思います。主催者も「アイデアソンを通じて、
多様な人と人とのつながりの形成や参加者自身の成長を促すことを
目的として開催する」とおしゃっている通り、

初めましての人とチームを組んで多様な価値観に触れて
自分の中にいくつも生まれた気づきや

アイデアをカタチにするまでに体験した、
思考や体感覚の1つ1つが

持ち帰る価値のあるものと思います。私の絵筆は、いつもなら
ドロドロネガネガを追いかけていますが
こうした新規事業やアイデアワークショップのときに限っては

過程こそがアイデアソンの醍醐味、と
個人的にもいつも楽しませてもらっています。

もし最後に「大してビックリするようなアイデアが
 生まれなかったなあ〜」と感じたときに、初めて

「ネガが足りなかったんだ」
「本当の問題をまだつかめていないまま
 ソリューションを探してたかも」

と気づき戻ってきてもらえたらと願いつつ

今回も過程でこぼれ落ちる、
みなさんのアイデアやつぶやきヒラメキに
絵筆でしっかり便乗して、茶化して、さらに妄想を膨らまして
ワクワクする未来を描かせていただきました!
全部をお見せできないのが残念!この日はとってもいい天気でした〜(^^)
小倉駅からJR鹿児島本線に乗って2駅目が「九州工大前駅」です。朝から近所の方たちがお散歩をしに大学の中に入っていきます。すてきな正門だなあと見ていたら、近代化産業遺産に指定されているそう。広い敷地内には案内板がこうやって道々に立てられていました。今回、オープンイノベーションにふさわしい
場を提供してくれた「MILAiS」とは

九州工業大学 情報工学部内に設置された
グループワーク向け教室の呼び名です。詳しくはこちら↓
http://www.milais.kyutech.ac.jp/
学生自身が効果的かつ能動的に学ぶ手法を見つけ出すことを目的とし、
様々な授業形態に柔軟に対応できるよう設計されているそうです。***
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)の
オープンイノベーション推進本部地域連携・産学連携推進室では、
地域の人々や組織とつながりを形成し、
地域活動への貢献と新たな研究課題の発掘を目的として、
地域における社会的課題解決に向けたOpen Ideathon を開催されています。
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28