トップページ > 新着情報
2019/Apr  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
今日の一枚「そのテレワーク本当にはかどってる?」鎌倉リビングラボ フィールドワーク
「そのテレワーク本当にはかどってる?」

多くの企業で導入が進んでいる働き方改革の一貫「テレワーク」ですが
誰もが薄々感じているモヤモヤでは?!

個人的にも、耳が痛い問いです( ̄∇ ̄)

パソコンに向かう本人も、
パソコン仕事をしているメンバーを見ている上司の方たちも
薄々感じているであろうこのネガな絵が
描けた背景となったポジの絵が次の二枚です。
※画像をクリックすると拡大して見られます。↑ ↑ ↑
「自然の中を歩きながら考え事をするほうが
 まとまる!ひらめく!仕事がはかどる!」これらは先日「鎌倉リビングラボ」主催の第2回ワークショップから描けた絵です。

大好きなこの鎌倉で、今までになかった「働く可能性」を探しに
実際に最初は、北鎌倉の見晴らし台や公園へ
フィールドワークに出かけました。
(ワークショップの詳細&全絵巻物は以下でご紹介しています)

昨今、働き方改革の代名詞のように
「テレワーク」という言葉だけが一人歩きしていて、

個人的に絵巻物の上ではその
「実態が描けない」違和感がずっ〜とありました。

勤務時間の短縮は進んできた今、
本当の生産性って? もっと増やしたい創造性って?

とモヤモヤしていた最中で描けたこの問いは次なる働き方改革を進める企業にとっても
かなり響く「問い」ではないでしょうか。

何より自分自身に問いかけたい(そう聞かれると心が痛いけど)
大事な「問い」を見つけた感じがしております。

「そのテレワーク本当にはかどってる?」
そんなふうにパソコンが問いかけてくる時代も近いかも?!この日は「あえて鎌倉の自然を生かして外で働くなら?」というお題を掲げ、
住民の方たちと3チームに分かれて、
わたしも紙とペンを持って北鎌倉の山の中を歩いてました。最初はテレワークをするなら
「ポケットに入れて持ち運べる椅子が欲しい」
「どこでもパッと広げられる携帯テーブルがほしい」
「自然に馴染んだwifiや電源が欲しい」
というアイデアが出てたわけですが、

圧倒的に「いいよねー!」という共感があったのが「歩きながら考え事ができる道が欲しい」
(安全に/車を気にせず/思い付きは勝手にメモしてくれるアプリなどなど)

GF上でも、これは今までありそうでなかった、描いたことのない絵。(つまり新しい視点♪)ちなみに、わたしはこの日「相模湾見晴台コース」を紙とペンを持ってお供してましたが、途中、獣道のような細いハイキングコースを歩きながら絵を描いていたら、木の根っこにつまづいたり、下りで滑りそうになったり、また松葉づえをつくかもと思うほどヒヤッとする場面が何度もありました。みんなに「危ないから」と止めてもらえたおかげで、最悪な一日にならずに済みました(^^ゞ(当日わたし、誕生日でした〜ホッ!!)。

そんな(?!)身をもって考えさせられた「歩きながら」「したい仕事って?」「そもそも目的を持たず歩くのがよいのかも?」とにもかくにも「メリハリをつける」「身体ごと変化を起こす」ことに今までにない新しい働き方の可能性を感じて戻ってきました。フィールドワークから帰ってきて
「歩きながら考え事ができる道が欲しい」という話から
「考え事は歩きながらする」効果として、いろんなアイデアが広がりました。例えば

◎煮詰まった会議も「ちょっと外に歩きに行こう」とメンバーと歩きながら会話すれば、同じ方向を向いて歩けるから、ギスギスしない、ケンカにならない、新しい発想見つけやすい◎シェアオフィスで仕事をして煮詰まったら外に出て次のシェアオフィスへ「移動する」ことに価値をつくる
(シェアサイクルのようにシェアオフィスも利用1時間までは無料にしたら嫌でも「移動する」のでは?!)◎パソコンの起動時間に注目するのではなく、パソコンを開いて⇒閉じて⇒開くの「閉じている」時間の効果を注目。これからの管理職の仕事に、はかどっていないメンバーに「外を歩いたか」と問うのが仕事になったりして。

みなさんはどうメリハリつけてます?「パソコンを開いてする仕事」「移動中にする仕事」「歩きながらする仕事(←これは今はとっても危険だけど…)」

☆以下は当日の全グラフィックを紹介しておきます。
※画像をクリックすると拡大できます。大好きなこの鎌倉で、今までになかった
「働く可能性」を探しに出かけよう!

鎌倉でテレワーク?!
ワクワク<ワーク>&ウォーキングワークショップ

日 時:2018年3月24日(日)13:00〜17:00
場 所:北鎌倉台コミュニティスペース
参加者:鎌倉住民16人主催:「鎌倉リビングラボ」産学官民の新しい共創のかたち
プロジェクトメンバー
東京大学 高齢社会総合研究機構(IOG)さま
NPO法人 タウンサポート鎌倉今泉台さま
株式会社 イトーキさま
東京映画社さま
ミッション:住民課題にもとづく「長寿社会にふさわしい ワークスタイルと住宅・地域環境の開発」↑ 「洗心庵」付箋投票三票
↓ 「グリーンベルト」付箋投票四票↓ 付箋投票数ナンバーワン!↑ 「ウルサ〜イ!」というお叱りから
「この静かさが好きで住んでるんだー!」
という地元愛のハートが描けてきました。
ネガはポジの裏返し

でも「静かさ」って、、、
具体的な絵に描けない、、、

ということは、つまり言葉を鵜呑みにするのではなく
お互いが歩み寄れる心地よい「静かさ」がきっとあるはず!↓ 歩きながら考えごとできるルート結ぶ構想↓ 鎌倉テレワーク特区構想↓ 今泉台テレワーカーお遍路さんをお接待構想※第一回「鎌倉リビングラボ」で描けた絵は⇒こちら
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28