トップページ > 新着情報
2019/Dec  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
【全絵巻物★釜石・鵜住居まちづくりワークショップ】復興は進んでいるけれど、地域の人たちの本当の気持ちは?見えてきたのは「いの一番に子供たちの学校を再建」した鵜住居が、今一番「なんとかしないといけない」絵
先日ここでお知らせした「まちづくりワークショップ」の
当日の様子と全・絵巻物をご紹介します!岩手県釜石市の中でも最も多くの方が亡くなった
鵜住居(うのすまい)地区。

震災から8年。復興(ハード)は進んでいるけれど
地域の人たちが抱えている気持ち(ソフト)は?


ここ鵜住居には、昨年、復興スタジアムがオープンし
今年9月にはいよいよラグビーワールドカップが開催されます。
※スタジアムができるまでの物語については ↓ こちら
 『釜石の夢』(大友信彦さん著)をご覧ください。


今年の3月に、道路も開通し、鉄道も開通し、
復興住宅の建設も進み、駅前には慰霊碑や津波伝承館
お土産や三陸の幸が買える味わえる施設も完成しました。

でも…地域で暮らす人たちの気持ちは?本音は?

岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)の未来のために
なんとかしたいみんなでざっくばらんに語り合いました


↓写真をクリックすると拡大して見れます。下の画像が、絵巻物の一枚目になります。
絵の中の黄緑色に塗った箇所は鵜住居地区です。

地図を描きながら鵜住居地区を線で囲っていたら
「あれ?!これ鵜の後姿に見えるかも!」と
思わず左上には「巣を大事にする鵜」の絵も描いてみました。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。というのも、東京でこのお話を頂いたときから
ず〜っと「鵜住居」という地名にとっても惹かれていて
(最初は読めまなかったんですけどね…「うのすまい」)

え?!鵜が住まう居場所?!
絵に描けそうないい地名だな〜というのが第一印象。

その次に思ったのは、人口減少、高齢少子化で悩む日本にとって
巣づくりしたくなる居場所
とは、なんて魅了的な名前なんだ!と思いました。

しかし、由来を調べても「」にまつわる物語は見当たらず…
現地入りしても特に「」にまつわるモノにも出会えず…

悶々としてたのですが、こんなところに「」が居た!
と、勝手に喜んでこの一枚目を描いていました。

(絵筆を持って、いろんな地域で描いていると
 「まちづくり地名」は何かしらつながりが描けてくるので
 いつも気にしています(^^))

それから、上の一枚目には、事前に東京で調べてきた鵜住居情報や
現地入りして、実際に事務局メンバーに車で連れて行ってもらって得た情報なども
(もう抱えきれないくらい情報でいっぱいいっぱいになっていたので(^^ゞ)
忘れないように、それらも描き込んでおきました。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。さて、まずは皆さんで「自己紹介&ハイタッチ」!

ハイタッチ」って、下手なアイスブレイクやるより
ずっと効果的!と、毎回思います。

写真見えますかね?みなさんいい顔してます(^^)
モヤモヤネガネガドロドロを語って頂いているのに♪

この日はワールドカフェ形式で席替えをするたびに
ハイタッチ」していたのですが
初対面でも、よく知る仲でも、一気に笑顔になれるし
お互いの距離がぐっと近くなるテッパンツール。おススメです!

↓写真をクリックすると拡大して見れます。対話の中身をご紹介する前に
この日のワークショップの前提条件を先にお伝えしておきます。

「まちづくり」というと、多くの場合は施策や解決策(to do)や
そのためのアイデア出しが先行しがちですが(ポジポジポジ…)

この日のワークショップは、具体的なゴールをあえて置かず
解決策やアクションプランも決めることも目的ではありませんでした。

鵜住居にとって本当の未来につながる話し合いにするためには

心から「なんとかしたい!」 と思える
「本当の問題」をつかむこと。

そのためにこの日、絵筆がしたことは
今回は地域に暮らす人たちが普段じつは抱えている
モヤモヤしていることを拾って拾って絵巻物にすること。

そうすれば間違いなく

復興の次のステージは「何のために」「どこに向かって」
踏み出さなければいけないのか見えてくるはずの1日。これはグラフィックファシリテーターとしてのお願いでもありました。

ポジティブで前向きな話し合い「だけ」で描ける絵は
他地域でも描ける絵と変わらないことが多く、結局

それって本当に続くの?面白そうだけど一回やって終わり?
地元の人たちの気持ちは置いてきぼりにされてない?
という話し合いになりがちです。きれいごとは絵空事。

いつも最初に描かせてくださいとお願いしているのは、ポジよりネガ。
ネガ→ポジの順番でないと、後から見る人にも伝わらないんです。

ネガというと否定的に聞こえるかもしれませんが
モヤモヤしていること」に潜んでいるのがネガ。モヤモヤしていることって、抑え込んでも
また出てきてモヤモヤして、無意識に人の未来行動を止めている
実はやっかいなもので。

だからとにかくモヤモヤは「紙に定着させて止める」こと。
それがグラフィックファシリテーターの第一の使命ですね。
(ネガネガだらけの居酒屋議論は紙に定着させないから
 止まらないし繰り返すのだと思います(^^ゞ)


そして自分たちがいったい
「何にモヤモヤしているか」が見えてくると
次の一手が見えてきます。モヤモヤしていること」が「やっかいなこと」はもう1つあります。
それはそれらの多くは「簡単に解決できないこと」だということ。

というよりも「簡単に解決できないこと」だから
モヤモヤしていて、多くの場合放置されている。

しかしモヤモヤの多くは、目に見えないけれど
潜在的に必ずといっていいほどよくない未来を引き寄せている…
(以下の絵巻物を見てもらうとよく分かると思います)

言い換えると、やっかいだけど、そんな「モヤモヤしていること」にこそ
「なんとかしなければいけない」本当の問題が潜んでいて
そしてそれこそ「力をあわせて」取り組むべき価値のある問題でもあります。

簡単に解決できないこと」けれど
解決しなければいけない」本当の問題だからこそ
みんなで力をあわせる」価値がある。

そんな、力をあわせてくれる人たちのハートに火をつけるためにも
なんとかしたい!」と行動を起こさせるのは
地域で暮らす人たちのモヤモヤネガネガを明らかにすること。

ということで、GFとしては、絵巻物を通して
さらに、今日この場に参加できなかった人たちにも届くことを信じて
絵筆を動かしました。

当日もそのまま絵巻物を公民館に貼ったままにしてくださると言ってもらえて
なんとかしたい!」仲間が増えることを願っていますが、改めてここでも
当日の様子&絵巻物をご紹介しておきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
 
ここからの絵巻物を見るときに
こんな ↓ 見方でも見てください。

「震災があったからこそ描けてきた絵とは?」
「震災があってもなくても描けてきた絵とは?」


もしくは(別の言葉で言い換えると)

鵜住居ならではの絵とは?」
他の被災地でも描けそうな絵とは?」
日本の他地域でも描けそうな絵とは?」


※グラフィック右下左下にナンバリングしています。
↓写真をクリックすると拡大して見れます。
今回は70代、80代の方たちも参加してくださり
一人暮らしの高齢者の方たちの生の声が描けたのは
GF的には力強い絵となりました。

(高齢者のためのサービスの話し合いをする現場で
 しばしば主役である高齢者不在で議論される場が多いので!)

そして描けてきたのは、都内に住む私の母(80歳)が
いつも言っていることと全く同じこと!

ただ、お話を聞いていたら、
私の母が受けているようなリハビリや地域サービスが、
もしかして復興事業で忙しい地区では、都内に比べて
後手に回ってしまっているのでは…と心配になったりもしました。

上の絵の中でGF的に新鮮だったのは
お年寄りの夢は?」という問いかけが描けたこと(右上)
なかなか描いたことがない!
(「子どもの夢のために」という話はどこでも描くので)

思わず大きく描いちゃったのですが、
そしてこの後、その答えが描けてきます!

↓写真をクリックすると拡大して見れます。上の絵で注目は、右中央に描けている
通り過ぎる町「ウノスマイ スルー」

「駐車場がないから通り過ぎる
「店が無いから通り過ぎる
「出会えるのは鹿」だけ?

土地も道もとっても広いので
「路肩に停めても叱られないのでは?」と聞いたら
きちんと(!)厳しいそうです、釜石市。

前日、地元の居酒屋さんで地元の人とお話をしていたら
「鵜住居?大槌へ行く途中に通るよ」
と言われたのを思い出しました。

日頃の何気ない「通り過ぎる」という事象が
明るくない未来を引き寄せてくる気がしてきます。

通り過ぎる町、、、
以前↓熊本でも同じ絵を描いたことがあります

通り過ぎる町」になっている大津町(おおづまち)
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=380
大津町と熊本県立大学COCが取り組む 絵空事に終らせない地方創生フューチャーセッション

鵜住居だけの問題ではない。
同じ問題を抱えている地域は全国にありそう。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。引きこもっている絵が描けているのも気になりました。
上の絵:右下「声をかけても出てこない」

その絵の上には、新しい復興住宅が出来たけれど
「仮設住宅のほうが楽しかった」という絵。

実際、この日のワークショップへの参加を声かけしても
来てもらえなかったという苦労がありました。

もう一つ上の絵で見逃せないのは(右上)

「高校卒業したら鵜住居の外へ出ていってしまう」
「若者が居ない 20代が居ない」
「子供も少なくなっている」


左下に描けている
「友達、戻ってこない」

悲しくなって「ナミダ」で囲んでみました。

そのナミダの上には
暮らしたくても「地元の工務店さん順番待ち」という現実。

その先に続く絵が↓下の絵になるのですが
盛岡へ移住した人の言葉

「整備に時間かかるとわざわざ戻らない」
「新しい土地の生活に慣れちゃった」


↓写真をクリックすると拡大して見れます。上の絵の左には
「新しく立派な建物がどんどん建っているけど
 この先の維持管理は…自分たちでできるのか」
という話しを聞いて「ドーン!ドーン!ドーン!」と
復興庁の銭袋と一緒にビルを描いておきましたが…

これらは他の被災地でも描けてきそうな絵です。

上の絵 右下には県外から人たちの声も描いてあります。
「運転苦手」「酒呑みだから運転したくない」

私の住むマンションも駐車場の空きが増えてます。
マイカーを手放し、週末のレンタカーは取り合いです。
若い人は免許を持っていない人も多いです。

私たちは滞在した3日間、釜石駅近くのホテルから
レンタカー、バス、三陸鉄道という三種類の交通手段を利用しましたが
三陸鉄道で訪れても鵜住居駅からの移動は徒歩のみ。

絵巻物4枚目に高齢者の方たちの
「車が無いと生活できない」という絵を描きましたが
地元の生活者も、外からきた人たちも、不便さは同じかも。。。

まず「草を刈る人が居なくなる

ということで下の絵に描けているのは

草ぼうぼうの鵜住居

↓写真をクリックすると拡大して見れます。「家が建たない」「学校閉鎖」「スタジアム荒廃」
「鹿の糞だらけになる」
という話を聞いていたら

(↑右上)今は芝のグリーンできれいな復興スタジアムも
鹿の遊び場となって糞だらけで茶色く描けてしまいました。

あまりに草ぼうぼうの鵜住居
とうとう名前の通り、「鵜だけ」が住むところに
描けてきたのが下の絵です。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。↑ 高齢者のみなさんが
「今、子供たちが挨拶してくれるのがとっても嬉しいのに」
とおっしゃっているのを聞いたら、その反動で絵には

鵜住居子どもたちの声が聞けなくなったらイヤ〜

という叫び声が描てきました。

草ぼうぼうの草むらの中からそう叫んぶ
高齢者の方たちの目から大粒のナミダも描けてきました。

「これだけはなんとかしたい/ほっとけない」と思う絵に
付箋投票してもらったところ、ワースト3は以下の通りでした。

【付箋が最も多かった絵(10票)】
「子どもの声が聞こえなくなる鵜住居になったらイヤ〜!」
と草ぼうぼうの中から叫ぶ絵。(絵)

【付箋が二番目に多かった絵(6票)】
「友達、帰ってこない」「高校卒業した後、出ていっちゃう」
「20代の若者居ない」「子ども少なくなっている」
(絵Α銑А

【付箋が多かった絵(5票)】
通り過ぎる町「ウノスマイ スルー」(絵Α感想の共有で描けたのが下の絵です。

絵巻物2枚目に描いた「町民3800人」を見て
東京から参加してくれた方からは
うちの会社よりも人が居る!」という声。

1つの大きな企業とみたてたら
出来ないことはないのでは。

また、地元のは、どの絵も
どこの被災地でも当てはまる」と教えてくれました。

こちらは言い換えると
鵜住居だけで解決しようとしなくてもいいのかも

他地域といっしょに取り組むべき
大きな問題かもしれません。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。上の絵の中には、今回のワークショップで
一番大事な絵が描けています。

3.11直後の町の話し合いで
鵜住居の大人たちの一番の願い。それは

学校をいの一番に復興してほしい」
学校が再建されるなら戻ってくる」


子どもたちの居場所をつくることが最優先だったそう。

それなのに…
もしこの先…

「子どもの声が聞こえなくなった草ぼうぼうの鵜住居」
になってしまったら?

GF的にも、鵜住居が迎えてはならない最悪な未来は
「子どもの声が聞こえなくなった草ぼうぼうの鵜住居」

鵜住居が今、一番なんとかしないといけない絵です。

他の地方・地域でも同様に
「子どもが減っていく町」を描くことはありますが

震災直後にあったこの話し合いの絵が描ける鵜住居にとっては
どこよりもあってはならない未来と言えます。

この先も「子どもたちの声が聴こえる鵜住居」にしなくては。
これは最初に描いた「お年寄りの夢とは?」の答えでもありました。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。上の絵、右上の黒く塗った部分は

震災後、ボランティアなど外からの支援がなくなって
落ち込んだ人が多かった
」というお話を聞いて
思わず黒く塗ってしまったのですが、、、

「今がピーク」「ラグビーワールドカップが終わったら?」
「あのときと同じように感じる人が出るのでは…」
という声が気になりました。

草を刈る人がいない」のは鵜住居だけの問題ではないようで
「実家岡山のお話でも同じことが起きている」
という話をしてくれた方の話を右下に。

絵巻物4枚目に「メモリアルパーク見ると悲しくなる
という絵があったのを見て

沖縄ではお墓の前で、家族親族が集まって、
会話や料理やお酒を楽しむそう。そんな場所にならないのか。
という声を左下に描いています。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。「震災を経験して命の尊さを知った私たち」
「だれ一人も見逃してはならない」


鵜住居の方のこの言葉を聞いたとき、不覚にも
目からあふれ出そうになるものを抑えるのに必死で、

且つ、私の稚拙な画力では
赤いハートに描くことしかできませんでしたが

ワークショップが終わった後、高齢者の方たちが
わざわざこの絵の前に来て、わたしに
「これが一番大事」と伝えにきてくれました。

それから上の絵の左下に描けた言葉。

「やってもらうだけじゃなく私たちも頑張らなくちゃ」
「鵜住居に住んでよかったと言われるようにしなくちゃ」


そうなんです。

今回会場でもあった公民館は
鵜住居地区生活応援センターでもあり
見守り拠点施設にもなっていて

でもスタッフの人数ってとっても少ないですよね。
(私が平日、公民館に伺ったとき
 5人もいらっしゃらなかったような…?)

もし町民3800人が、行政におんぶにだっことなったら
スタッフのみなさんが…疲弊してしまいます。

釜石市の資料にはこんな言葉がありました。
「住民自らの力で」「自立的発展」
「鵜住居の地域経営を担う」「にぎわい創出」


復興の次のステージへ進む時期に
来ているのかなとも思いました。「こんな未来にだけは絶対したくない」そんなネガ反転させるところに
鵜住居が進むべき本当のポジ未来があるはず。ネガはポジの裏がえし。下の絵:左側=「いいところ、自慢できるところ、誇りに思っているところ」だけ見てしまうと
他地域と変わらないように見えますが、これまでのネガがあってのこのポジです。

文脈が違う、絵筆の重みが違う、意味が違う
ということを忘れずに見て頂けたらと思います。

ちなみに「人なつっこい 人の受け入れがスムーズ」というポジは
「閉鎖的」という地方も多い中、とってもステキな強みと思いますし
実際この3日間釜石で過ごして感じてました!

例えば、バスを待っている間、話しかけてくれたおばあちゃんは
橋上市場で魚屋さんをやっていた方で
「釜石の人でラグビーに関心無い人多いんだよ」と教えてくれたり(^^ゞ
でも「ダンナさんは新日鉄釜石の応援で東京まで行っていた」なんて話を聞かせてくれたり

居酒屋のおやじさんは
「昔は釜石の選手が普通に飲みに来てくれて、みんな知りあいだったよ」
なんて話を聞かせてくれたり

帰りに釜石駅前のシープラザ釜石でお土産にとワカメを買っていたら
「昨日スタジアムでゆりえちゃんと一緒に居たでしょう!」
とお店の人に声をかけられました(≧▽≦)

この気質、生かさないわけにはいかないし、実際この後
その気質を生かせそうなアイデアが描けてきています♪

下の絵:右側から「こんなことできたらいいな」の
アイデア発表を絵にしたものです。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。こんなことできたらいいな」のアイデア発表で描いた中で
私の絵筆が一番に実現してほしいと反応したのが
スマホ教室

というのも、アイデアの元は「高齢者のために」だったそうですが
アイデアを絵にしてみたら「スマホ教室」から派生して

ネット上でもっと鵜住居地区の情報が共有されたり
会話できる仕組みができたら…と絵が勝手に広がって

前半で描いた「ネガな絵」
解決してくれそうな絵」が描けてきたからです。

前半で描いたネガとは、みんなのほっとけない鵜住居の状況の1つに
「引きこもりの絵」を描いていました。そして
「だれ一人として見逃してはならない」という思いも。

そんな人達ともつながる絵が描けたのが
この「スマホ教室」!ネガとポジがつながった!

↓写真をクリックすると拡大して見れます。ちなみに私自身、事前に東京で「鵜住居」についての情報を
ネットで探したのですが、「釜石」の情報はたくさん出てくるけれど
「復興」の進捗状況や「ラグビー情報」は出てくるけど

「鵜住居」の「地元ならではの情報」がほとんど出てこなくて困りました。

地元の若い人や、他地域に移り住んだ人たちにも、
今の鵜住居の「普段の日常」がリアルに届くと、いいな〜。

(そもそも地域や地方のまちづくりの議論で
 必ずしもこの絵が描けるわけでもないですよ〜)

下の絵は、「鵜住居への関心が薄れるのがイヤ」
「観光の目玉をつくりたい」
という思いから生まれたアイデア。

↓写真をクリックすると拡大して見れます。1つは「三陸鉄道を江ノ電化!」「水族館をつくる」と発表したチームのアイデアと
「水陸両用バスを走らせる」と発表したチームのアイデアをあわせて描けた

鵜住居の祭り「虎舞(とらまい)」の柄の水陸両用バスに乗って
根浜(ねばま)海岸から大槌湾へGO!という絵。

(水族館はあまりにお金がかかりそうだったのと
 立派な水族館が日本中にできているので、どうせなら
 三陸の天然の水族館のほうがいいな〜という私の想いが混ざってます)

もう1つは「フィルムコミッション 映像撮影誘致」というアイデアを
鵜住居のシンボル大漁旗「富来旗」に思いを込めて描いてみました。

鵜住居の人たちは「人懐っこく」「世話好きで」「寛容」なので受け入れ体制も抜群。
その温かさに映画監督も喜んでいるという絵が自然に描けてきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でも、これらの絵(アイデア)で、見失っていけないのは
なんのためにそれを実行するのか、そして続けていくのか。
目標を見失うと、単発の仕掛けで終わりかねません。

子供たちの声が聞こえる鵜住居」という未来につながる
施策であることが大事。そこに施策を実施する意味があると思いました。

今もすでに数多くの支援・施策が行われていると思います。
地元の人たちも、NPOの方も、行政の方たちも
未来に向かって様々な取り組みをされていると思います。

でも、それぞれがバラバラに動いていたら…
それは非常にもったいない

5年後も10年後も「子どもたちの声が聴こる鵜住居」にするためにという
同じ目標に向かって進むために絵巻物を使っていただけたらと思います。

また同じ思いを共有できる仲間を集めにるために
絵巻物を使っていただけたらとも思います。

ハードは整ったのに、みんなに元気がない、活気が無い。
そんなときは間違いなく、置いてきぼりにされている「みんなの気持ち」があります。
情報」は共有されているけれど、「感情」は共有されていない。

感情」を共有できるのがグラフィック絵巻物です。
そして、特に「ネガティブな感情=共通の問題意識危機感」の共有こそが
人を動かす原動力になります。

思いは1つに。でも、いきなりみんなで何かをするのではなく
それぞれの活動に、鵜住居の未来につながる施策を盛り込んでもらって
スモールスタートすることも効果的と思います。

例えば、今すでに始まっている最悪な未来への予兆を回避できるような
「高校卒業後、帰ってこない」
「震災後、友達が鵜住居に戻ってこない」
「外に住んだらその生活に慣れてしまう、住めば都」

といった現状を、打破するような仕掛け・施策が
1つでも2つでも出来ると、それは必ず伝わり、広がっていくと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
抜粋版つくりました↓

鵜住居が未来のために「なんとかしたい問題」ワースト3
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=488

鵜住居だけの問題じゃない「なんとかしたい問題」
「ワールドカップが終わったら?」「復興後の維持管理って?」「草を刈る人がいない!

http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=489

おススメ!ワークショップアイデア「大きな名札」
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=490

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
↓おまけ↓ 釜石・鵜住居での3日間の裏ゆにblog

津波伝承施設完成〜高台まで駆けて駆けて津波から自分たちの命を守った子どもたち
http://yunibow.ldblog.jp/archives/52133048.html

釜石でディック・ブルーナさんの想いにふれました@ミッフィーカフェかまいし
http://yunibow.ldblog.jp/archives/52133090.html

釜石 鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」でもらったラグビーボール
http://yunibow.ldblog.jp/archives/52133059.html

クロジカ」を目指す三陸鉄道に乗る前に、ぜひ釜石で
釜だんご」を買って、鵜住居で「岩手早池峰飲むヨーグル」を飲んでほしい
http://yunibow.ldblog.jp/archives/52133057.html
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
なぜ連携? 未来への「不安、心配、不満、困り事」から語り合えると、ハートに火がつく、1つになれる好事例:佐久広域連合さま&じゃらんリサーチセンターさま(1)
Meamo>>>12/08
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28