トップページ > 新着情報
2019/Dec  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
鵜住居が未来のために「なんとかしたい問題」ワースト3@釜石・鵜住居まちづくりワークショップより
釜石・鵜住居まちづくりワークショップ
【全・絵巻物&当日の様子】は→こちら

鵜住居(うのすまい)に暮らす地元の方たちに
日頃のモヤモヤを語って頂いた絵巻物から

「これだけはなんとかしたい/ほっとけない」と思う絵に
付箋投票してもらった絵を抜き出してご紹介しておきます。↑【投票付箋が1番多かった絵(10票)】
「子どもの声が聞こえなくなる鵜住居になったらイヤ〜!」
と草ぼうぼうの中から叫ぶ絵。(絵)

GF的にも、これは今回のワークショップで一番大事な絵。
鵜住居が迎えてはならない最悪な未来です。というのも、
この付箋投票の後に、下の絵が描けてきたから。「いの一番に子供たちの学校を再建」した鵜住居が、今、一番「なんとかしないといけない」絵。
「子どもの声が聞こえなくなった草ぼうぼうの鵜住居」

そしてこんな最悪な未来(ネガ)を反転させたところに
鵜住居が進むべき本当の未来(本当のポジ)が見えてくる。

(なんとかしたいからモヤモヤしている。モヤモヤネガネガこそ本当のポジの裏がえし)

鵜住居のために活動をする人たちが、同じ思いを共有し
5年後も10年後も「子どもたちの声が聴こえる鵜住居」にするためにという
同じ目標に向かって進んでいけるといいですね!

↓ 【投票付箋が二番目に多かった絵(6票)】
「友達、帰ってこない」「高校卒業した後、出ていっちゃう」
「20代の若者居ない」「子ども少なくなっている」(絵Α銑А
↓【投票付箋が多かった絵(5票)】
通り過ぎる町「ウノスマイ スルー」(絵Α上記絵の詳細はこちら→【全・絵巻物&当日の様子
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28