トップページ > 新着情報
2019/Dec  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
鵜住居だけの問題じゃない「なんとかしたい問題」@釜石・鵜住居まちづくりワークショップより「ワールドカップが終わったら?」「復興後の維持管理って?」「草を刈る人がいない!」
釜石・鵜住居まちづくりワークショップ
【全・絵巻物&当日の様子】は→こちら

鵜住居が未来のために「なんとかしたい問題」
は→こちらに抜粋して紹介しましたが

「これは鵜住居だけの問題じゃない!」と声のあがった絵も
以下に抜粋して紹介しておきます。詳細については→【全・絵巻物】にて

【鵜住居だけの問題じゃない】
「ラグビーワールドカップが終わったらどうなるの?」
「オリパラでも同じことが言える」という声も聞こえてきました。下の絵は「このままいくと…」
「スタジアムが鹿たちがの遊び場になって
 スタジアムが糞だらけになっていしまう」
という絵ですがもっと寂しかったことは、みなさんに付箋投票してもらったとき
(「これだけはほっとけない」と感じた絵に付箋を貼る)
上の絵には付箋が貼られなかったこと。

ただこの後、事務局内での振り返りで、
「何をするかという前に、今日ここで出会った人たちこそ財産」
というお話があったのも印象的でした。【鵜住居だけの問題じゃない】
「復興のおかげで出来た立派な建物の今後の維持管理って?」【鵜住居だけの問題じゃない】
草を刈る人がいない!」このほかにも絵巻物にはどの地域でも(都心でも起きている)

高齢者の日々の生活のモヤモヤ
交通手段のモヤモヤ


どれも優劣つけられないモヤモヤがいっぱいです。
「なんとかしたい」と思っている方たちには
全・絵巻物】を隅々まで見て頂けたらと思います。

どの問題も、すでに「なんとかしている人たち」がいてくれて

でも、それぞれが、バラバラに
目の前の問題」を解決するために
1つ1つモグラたたきのように対処していても…

例えば、草を刈る機械を入れたところで
その先の「未来にはつながる絵」は描けてこない…。

そんなときこそ、目線を目の前から未来に向けて
どこに向かって進んでいるのか」をいつも確信が持てる
ビジョン」が描けていることがとても必要だと、
絵筆を持っていつも感じることです。

他地域でも描けるであろうこれらの絵は、
他地域とも力を合わせる価値のある問題とも言えるけれど

すぐできることは
その「地域ならではのビジョン」に向かって
(鵜住居なら「子どもの声が聞こえる未来」のために)

それぞれがちょっと目線を未来に向けるだけで
(スタジアムの活用も、維持管理の方法も、草ぼうぼうにさせないことも
 交通手段の改善も、今の高齢者の気持ちを汲み取ることも)

力をあわせている」という構図を生んでいく絵は描けてきます。

「共創」流行りの世の中ですが、
「多様」でなくちゃいけない雰囲気や
「新規事業」を生み出さなきゃいけない
みたいな流れに惑わされず

あえて各自ができること&目線をちょっと変える
だけでも十分、大きなうねりが描けると思う、この頃です。
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28