トップページ > 新着情報
2020/Aug  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
一方的に「情報の共有」だけしていませんか?メンバーが腹落ちしていないと感じたら「感情の共有」を(日本能率協会JMAメルマガより)
日本能率協会(JMA)さまでのメルマガ配信が5月からスタートしました。
こちらでもご案内させていただきますー。月2(不定期)

※このメルマガは日本能率協会オンラインセミナー「グラフィックファシリテーション入門コース」の宣伝と受講してくださった方へのフォロー目的でスタートしました〜もうだいぶ前から公開しているのですが、このコロナ禍で受講者が増えたそうで、今までほったらかしですみませんでした。

↓2020/05/27 (水) 配信

【絵筆が教えてくれる会議ファシリテーションtips】
グラフィックファシリテーター®やまざきゆにこ

〈〈情報の共有だけでなく、感情の共有もしていますか〉〉

リモートワークに移行して
管理職の方々からこんな声を聞くようになりました。

「オンラインになって部下が何を考えているのかよく分からない」
「メンバーのモチベーションをどう保てばよいか悩んでいる」

そこで私が必ずする質問がこちら。

「もしかして『これまでと同じ』
会議の進め方をしていませんか」

『これまでと同じ』とは、
具体的には「短時間で効率よく、無駄なものは
削ぎ落とし、結論を急いでキーワード化し、
数値化し、要点にまとめていませんか」

普段はそういった論理的な議論が生産的です。

個人的にも大歓迎。

ただ、メンバーの「気持ち」が
「よく見えない」と感じたら、多くの場合
「情報の共有」はされているけれど、
「感情の共有」がされていません。


(文字だけ、要点だけ↓「情報の共有」はされているけれど…)メンバーの気持ちが
置いてきぼりにされているプロジェクトでは、
実際後でまた同じことを話し合ったり、
確認や訂正が増えています。

「情報の共有」の前に「感情の共有」を。

(「感情の共有」をするとは↓こうなること)在宅勤務になって感じている悩みは
実は前からあった悩みです。

顕在化した今こそ、会議の進め方を
変える好機にしてみてはとお勧めしています。

「グラフィックファシリテーション入門」では
「感情の共有」
チームを未来行動へ変えていくと解説しています。

絵心が無くても、ファシリテーションスキルを
盗める2時間講座です。ぜひご活用ください。

日本能率協会オンラインセミナー
「グラフィックファシリテーション入門コース」

◆詳しくはこちら https://jma-mkonline.com/course/course04/【無料】お試し受講もご利用いただけます。
◆お申込みはこちらから https://jma-online.com/apply/
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28