トップページ > 新着情報
2021/Mar  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
「サラリーマン川柳」は「絵巻物で考える」練習に最適!
マーケティング分野オンラインセミナー
『グラフィックファシリテーション入門コース』
(*)を担当している
グラフィックファシリテーター®のやまざきゆにこです。

(*)「絵巻物で考える習慣」を、身につけていきませんか。
無料お試し受講はこちらから→https://jma-online.com/apply/


● ● ● ● ●
1月末の日経新聞で
サラリーマン川柳 入選作100句発表という記事を見つけました。

「サラリーマン川柳は絵巻物で考える練習に最適なんです!(出典元:日経新聞2021年1月28日 朝刊)

「自分でも会議で絵を描きたい」と言う方の多くは
「描き方」を学ぼうとされると思いますが

グラフィックファシリテーションで大事なのは
「描き方」の前の「聴き方」にあります。

「どう聴くか」の違いが、単なる「議事録」か、
問題を解くための絵」かの違いになってきます。

発言をそのまま「文字」+「挿絵」で描いても
議論や組織のモヤモヤは解けません。

● ● ● ● ●
問題を解くために大事なのは
「絵を描く」前の「絵を変換」する部分。

聞いて→[頭の中で思い描いて(絵に変換して)]→絵を描く

そこでペンは持たずに「頭の中で思い描く練習」として
引用させて頂いているのがこの第一生命保険の「サラリーマン川柳」。

ということで、ここで1つ練習問題をやってみませんか。
今年1月の日経新聞で入選作100句が発表されたという記事から一句。

みなさんの頭の中にはどんな「シーン(絵巻物)」が思い浮かびますか。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「会社へは 来るなと上司 行けと妻」

● ● ● ● ●
実はこの句を見たとき
「おお!つい最近、会議でこの絵、描いた!」と唸ってました。

実際の絵がこちら↓リモートワークが浸透して半年、
現場のモヤモヤを語り合って頂いたワークショップで
聞こえてきた発言をとっさに描いた絵です。

この絵を見て「うちも、うちも」と
多くの人の共感を呼んだ一枚でしたが

「サラリーマン川柳」に入選しているのを見て
世の中にまだまだり多くの賛同者がいそうです。
これは一気に見過ごせない・手をうつべきネガな絵ですね。

● ● ● ● ●
「シーン(絵巻物)」を思い浮かべてほしくて
川柳を活用していますが、

「シーン(絵巻物)」を思い浮かべることは
実はまだテクニックに過ぎません。

本当に大事なのは「シーン(絵巻物)」を思い浮かべたとき
そこに登場する人物たちの「気持ち」まで
慮ることができるあどうか。
そしてそれを「セリフ」として書き出せるかどうか。

ここにこそ、実は
グラフィックファシリテーションの本質があります。

● ● ● ● ●
ちなみに「会議で絵を描きたい」と思ったときに
「絵を描く」練習をしたい!という想いを
否定してるわけではないです〜。

グラフィックファシリテーションでも
個人向けにご指導するときは「絵の描き方」
もちろんお伝えしています。

ただ順番が違うだけ。

「何のために」描きたいかは自由ですし
自由であることが、絵のすばらしいところ!

絵の描き方を学びたいのになと思われたら
「何のために」描くかが違うんだなと思って
読んで頂きたいのですが

グラフィックファシリテーションは
「問題を解くために」描くので
(言葉と文字でこれまで取り組んできたけれど
 なかなか解けない問題を一日で解きに行く!
 みたいなところがあるので)

グラフィックファシリテーションに限っていうと
「絵があって分かり易いですね」
は、まったく褒め言葉ではないのです。

みんなを心を1つに一人一人が未来行動を起こすためには
それを邪魔しているモヤモヤを解かなければいけなくて

その多くは言葉と文字と数字と図解…
といった論理的思考によるもの。

そこにあえてグラフィックを導入する意味とは?

画力のない私でも、あんな↑雑な絵でも、
存在価値がある理由とは?

どう聴くか」=「どう発言を絵に変換するか」
そこがグラフィックファシリテーションが介在する理由の1つでもあるのです。

楽しい絵を描くつもりはないけれど
「組織や会議のモヤモヤを解きたい」と思っている方がいたら

ぜひ手を動かす前に「頭の中で思い浮かべて」みてください。

絵を描くのはあくまでも最終アウトプットですし、
結果的に絵に描かなくても口頭で伝えて理解し合えれば
そもそも絵なんていらないと思うんです。

絵を描くとは、そもそも手段の1つでしかないことをお忘れなくです。
それでなく絵を描くって、時間はかかるし、手間だし、労働なのです。
8時間も描き続けたら分かって頂けるはず!

追記

この記事を見た知人から
さらにステキな川柳を教えてもらいました!

これらがそろえば、ほぼ
生活者・社会課題を描く練習になります〜♪

「働くパパママ川柳」 byオリックスさま
https://www.orix.co.jp/grp/move_on/entry/orix-senryu/vol4/result.html
↑特にこの川柳の素晴らしいところは
「パパ目線」「ママ目線」「子ども目線」「じぃじばぁば目線」
と分れているところ!

「シルバー川柳」
https://user.yurokyo.org/event/event000001-2/
by 公益社団法人 全国有料老人ホーム協会

ちなみに「シルバー」という言葉。
高齢者向けアイデアソンで
若手が「シルバー」とか「老人」と語ったとき
すかさず、ゆにの絵筆は
「シルバーなんて言われたくない!」
という私の叔父叔母の絵を描いちゃいましたが↓
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=368

この「シルバー川柳」
全国有料老人ホーム協会さま
自ら発信されているのですごく安心して読めました。

多世代の「気持ち」「心の声」を知るところから
イノベーションの生まれる絵は描けてきます。

余談ですが、わたしは
NHK俳句NHK短歌、毎週録画してます。
勉強になります〜(自分で歌を詠んだことはないですが(^^ゞ)

追追記!

さらに友達から「理系あるある川柳にたどりついた!」と連絡が。

「理系あるある川柳」byブルーバックス
https://bluebacks.kodansha.co.jp/special/science-senryu/?fbclid=IwAR1Y0YEbaiV0qpCdXQ1N1u4d7X_l0mPebqkXjloJUzjYvN0gCxSWS64Jrsw
その友達とやっぱり共感しちゃったのはコレ

「何するの? いつも聞かれる 数学科」

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
日本能率協会オンラインセミナー
『グラフィックファシリテーション入門コース』
では、
絵筆を動かさなくともできる「絵巻物思考」を解説しています。

頭の中で描く」という感覚が持てるようになると、
無駄な業務を増やす前に、本来進むべき未来へと場をリードできます。

絵巻物で考える習慣」を、
身につけていきませんか。絵心は不要です。

↓まずは【無料】お試し受講からご利用ください。
https://jma-online.com/apply/

◆日本能率協会オンラインセミナー
『グラフィックファシリテーション入門コース』

https://jma-mkonline.com/course/course04/↓↓↓ 弊社サイト内でも詳しく紹介しています。
『グラフィックファシリテーション入門コース』

http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=502
メルマガ★JMA日本能率協会 : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28