トップページ > 新着情報
2021/Mar  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
メンバーは「腹落ち」してますか。「ネガ吐き出し&共有」を!一回で劇的に変わりましょう♪ by 日本能率協会「生産・開発マネジメントコース」受講者アンケートより
マーケティング分野オンラインセミナー
『グラフィックファシリテーション入門コース』
(*)を担当している
グラフィックファシリテーター®のやまざきゆにこです。

(*)「絵巻物で考える習慣」を、身につけていきませんか。
無料お試し受講はこちらから→https://jma-online.com/apply/
● ● ● ● ●
日本能率協会で、私が毎年担当させて頂いている「生産・開発マネジメントコース」という9カ月間の経営幹部育成プログラムでも、心から本気でワクワクするビジョンを描くための最短ルート「ネガ→ポジ」の順番で対話をして頂いています。今年度は昨年10月に実施しました。

「ありたい未来から語ってみよう」というバックキャスティングでいくら議論しても、多くは「どこかで聞いたことのある未来」を語りがちです。つまり絵にすると同じ絵巻物になってしまう…。結果、聞こえてくるのは「メンバーが腹落ちしていない」という声。

多くの人を巻き込めるビジョンが描けるかどうかは、いかに「自分事で」「ネガティブに」「今」を憂い、嘆いて、語っているか。

受講者のみなさんは、普段、論理的で分析的な議論に慣れているので、「ネガティブな感情を語っていいと言われても…」と最初は(毎年!)疑心暗鬼な表情をされますが、

「ネガの絵」の中にこそ、自分でも想像していなかった、でも実は進みたい・ワクワクする・使命感を抱く「未来」が描けてきます。(これを「本当のポジ」と呼んでいます)

さて受講後の感想は?手前みそですが以下、少しでも「ネガ吐き出し&共有」のすばらしさを感じ取って頂ければ幸いです。

↓以下、受講者コメント(抜粋)

・まずネガを深く掘るという部分が非常に参考になりました。確かにネガは共感し易く、ポジに向かってみんなの一体感を作る重要なプロセスになると思いました。

・ネガからポジの流れ。私の組織でも今回教えていただいた手法を社内でも参考にさせていただきます。共感を呼びつつ意見交換を進めていくやり方が新鮮でありました。

・想いを可視化するセッションを含め語り合う場面が多く、何か「繋がる感」をすごく感じた。先生や同期の方々との話をすごくした感覚が残っています。

・各社・各人の危機感、困り事、不安感を的確にグラフィックへ落されて、かつそこからポジティブへと転じるという今回の手法は、是非ともわが社でも取り入れたいと思うものでした。経営層・中間層においては、それぞれの本音も語り合えるでしょうし、相互理解が深まり、普段なかなか言えないことを言い合うことで、その後の会社での関わりにも良い効果をもたらすのではないかと感じます。

・会議室では前向きな発言を促される同調圧力が強い風土がありますので、特にネガを出し切るあたり、なかなか快感でありました。深刻になりすぎるのも良くないのですが、ネガが共感を呼ぶ手段とし、その後のポジの共有になるプロセスが、良く理解できました。

・改めて、自身の内面にある想いに強く触れ、自分の想いの根幹を改めて気づき、再確認できた良い機会であった。

・ネガティブをポジティブに変換していくことで共感が進むと共に、グラフィックファシリテーションにより絵でその状況・感情を具現化いただくことで、その共感が深まり、文字通りイメージが膨らみ、構築されるストーリーに魂が宿っていく貴重な経験ができました。

・ビジネスシーンで普段あまり使えていない右脳を使い、今と未来を語る時間を楽しませていただきました。

・対話の内容を描いていただいたことで、より、頭に、感情に、すっと入ってきたと実感しております。「あぁ、だからモヤモヤしていたんだな」「ひとりひとりに目を向けないと、よりモヤモヤの元が分からなくなってしまうんだな」と体験できた、またとない時間でした。

・我々のもやもやを理解してまとめてすぐにグラフィックにされるすごさと、その後の解説の説得力・表現力の両方にまずびっくりしました。内容はネガティブな未来を考え、そこからありたい姿に転換してわくわくする未来を描いたので、両極端を考えたので何かとてもすっきりしました。

・初めての体験でした。俯瞰的でありながら手触り感のある絵巻物を見せて頂き、技術者として背筋が伸びる思いで見入ってしまいました。商品やサービス作りそのものだと思います。

・商品や組織もこの絵巻物のように作らないとと考えながら見ておりました。ゆにさんがキラキラした絵を描いてしまうようなモノ作り、チーム作りに励みたいと思います。◆ ◆ ◆ ◆ ◆
日本能率協会オンラインセミナー
『グラフィックファシリテーション入門コース』
では、

「ネガからポジへ」「他責から自責へ」といった対話設計など、絵心不要のファシリテーションスキルを紹介しています。

「絵巻物から考える習慣」を身につけて、本質的なネガから本当に進みたいポジへと、話し合いの場をリードいきませんか。

↓まずは【無料】お試し受講からご利用ください。
https://jma-online.com/apply/

◆日本能率協会オンラインセミナー
『グラフィックファシリテーション入門コース』

https://jma-mkonline.com/course/course04/↓↓↓ 弊社サイト内でも詳しく紹介しています。
『グラフィックファシリテーション入門コース』

http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=502
メルマガ★JMA日本能率協会 : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28