トップページ > 新着情報
2021/Apr  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
若手の可能性を引き出したかったら、モヤモヤネガネガをみんなで楽しく吐き出せてあげてください!
丸一日50人ワールドカフェ「抱えているモヤモヤを思いっきり吐き出し切ろう!(ネガ)」→「来期のビジョンとアクションを10組織それぞれ決める(ポジ)」

午前中ネガ吐き出し切った子たちがお昼休みにネガの絵巻物の前で楽しそうに「これTシャツにしたい」「いいなあ〜それ!」とめちゃくちゃ盛り上がってた。ネガの絵を「Tシャツにしたい」は初めて聴きました!まだポジのワークはやってないのにね。健全なネガは、間違いなく、ポジの裏返しなのです。

午後、他責にしてた自分たちを俯瞰して、自分自身が周りからどう見られていたかに向き合って、この状態を放置してると自分たちが最悪な未来を引き起こすことを実感してくれた子たちが、一人、二人と自責になっていく変化は、本当に、毎回、眩しい。

若い子たちの眠っていた強い問題意識や成長したい経験したい学びたい言葉が飛び出して来るたびに、管理職の皆さんはガツーンとやられていたのではないかなと思うけど、ベテラン組みも素直に反省したら、途端に発言の中身から表情まで若返ってきちゃうという驚くべき変容まで今回は目撃。

他責・他人事から自責・自分ごとへと立ち上がっていく姿に立ち合うたびに、ネガ最高、ネガやめられません。1テーブル4人×13テーブル。フィジカルディスタンスとりつつなので1テーブルも広ければ会場も広くて、いつも以上に走り回って、窓全開でも汗だくだくだったけど、帰り道も、今日になっても、思い出すと、感動してきて、涙出そう。

普段は黙ってる大人しい書き出すまでにも時間がかかると言われていたけど、やってみれば最後の発表の力強さったら、もう、どーですか。毎回ワークショップ終わるたびに泣いてどーするって感じだけど、だからネガ出しに戸惑うお客さまにもやりましょう大丈夫と言わずにはいられません。

ワークショップが終わった後、絵の具を洗いに行ったら聞こえてきた女子トイレトーク「あの絵巻物、社内に貼り出しといてほしー」「今日参加できなかった子達にも見てもらいたい」32枚貼り出せそうな素敵な渡り廊下が第一候補です。絵空事に終わらせないために。
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28